人材バナー.jpg

薬剤師の仕事

ML334015.JPG

薬剤師は地域に密着した患者さんの一番身近な医療専門家です。

自分の症状を的確に表現することは、一般の方には難しいことです。薬剤師は、お客様や患者様の話に耳を傾け、必要な情報を整理しながら一番合ったお薬やアドバイスを提供する義務があります。だからこそ地域に密着し住民の信頼を得る為の日々の努力を重ねて行くのです。地域の住民から信頼され愛される薬剤師を目指す大切な仕事です。

予防・未病・プライマリーケアを担うことこそ薬剤師の使命です。

予防は健康な状態を維持して病気になることを防ぐことです。つまりQOL(quality of life)の向上を促進しです。生活習慣の改善方法や健康食品を効果的に活用するアドバイスを行うことです。

そして少しだるい、疲れている、など健康とは言い切れないが、病気とは診断されない症状に対して一般用医薬品や健康食品などを用いて健康な状態に回復するよう適切なアドバイスを行うことが未病です。

1次医療。症状にあわせた、お薬のアドバイスを行い、医師への受診勧奨も行うことによって地域の身近な医療機関としての役割を果たすことがプライマリーケアです。

薬剤師の法律上の役割

薬剤師法という国の法律には「薬剤師は調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって、国民の健康な生活を確保するものとする」とあります。
調剤あるいは医薬品の製造,輸入,販売等における保存,管理,試験、鑑定等を行うこと、また、薬学の知識に基ずいて、公衆衛生の向上や増進に努め、ひいては、国民の健康な生活を確保する任務があるということです。

薬剤師の仕事は

病院や薬局での調剤業務・服薬指導・医薬品管理・情報提供、製薬企業での医薬品等の研究開発・製造・流通・販売、行政機関では許認可・監視指導・試験検査等を行っています。教育機関、その他多岐にわたっています。

写真(調剤ピッキング風景).jpg

調剤ピッキング風景

写真(無菌製剤).jpeg
無菌製剤風景

写真(在宅訪問).jpeg

在宅訪問